大宮競輪場オフィシャルサイト

田淵浩一の展望記事2月6日~8日開催分

田淵浩一の展望記事2月6日~8日開催分

【 S級戦 】 田中晴基に期待も傑出者なく激戦。

【 A級戦 】 地元の久木原洋と金成和幸の
       S級下がり実力者が中心とみる。

田淵 浩一展望記事 1.31
第53回東京中日スポーツ杯争奪戦 F1
S級展望



 今節、大宮S級戦は、全日本選抜出場組が不在で、傑出者なく激戦模様。

【田中晴基選手】
 中心は、田中晴基(千葉90期)に期待する。
 12月別府記念を捲って優勝と近況成績は一番。
 自在タイプの佐藤龍二(神奈川94期)との南関東勢上位。











【櫻井正孝選手】
 自力自在に位置取りしっかりしている櫻井正孝(宮城100期)も好勝負。
 5月当所では縦横無尽の走りで準Vと大宮バンク向きの脚質。










【岩本和也選手】
 先行力ある山本伸一(京都101期)や久米康平(徳島100期)が
 ペースを掴むとマークする岩本和也(石川76期)、湊聖二(徳島86期)は、
 縦脚があるので、チャンス十分。
 特に岩本和也は、近況成績抜群。
 目標不発でも、大宮の長い直線突き抜けもありそう。






【武藤龍生選手】
 あとは、地元勢。
 武藤龍生(埼玉98期)は、今期初のS1に昇格。
 追い込み選手として実績もつけてきた。

 相川永伍(埼玉95期)も復調してきたので、地の利を生かして好勝負を期待。




A級展望

【久木原洋選手】
 A級戦は、地元の久木原洋(埼玉97期)が、ややリードか?
 前期S級戦では、100点オーバーと活躍し、
 A級戦でも前回の西武園優勝など、
 好調をキープしたまま、安定した成績を残している。
 自力ある長井妙樹(東京96期)との埼京ライン中心。










【金成和幸選手】
 同じくS級下がりで、競走得点100点オーバーの
 金成和幸(福島88期)が、久木原と双璧の存在。
 降級後2場所で3連対率100%、前回宇都宮では完全V。
 スター軍団88期生で在校成績1位。
 まだS級上位で戦える器で、A級戦では負けられない。
 目標となる高橋幸司(山形99期)が病気欠場中のため、
 狙いを下げたが、自ら捌いて直線抜け出せる縦脚あり。





【小島歩選手】
 南関東勢も起動型が揃った。
 S級下がりの小島歩(神奈川97期)、近況好調な小野裕次(千葉95期)、
 バック数多く、急上昇中の小川達也(静岡93期)がおり、
 南関東ライン結束なら、ここからの狙いもある。








【山口翼選手】
 あとは、山口翼(茨城98期)に注目。
 目下2場所連続優勝中。
 12月当所では、スーパールーキー松本貴治(愛媛111期)に屈したが、
 捲りの破壊力は抜群。
 強力な自力型揃う今節も、一発可能。