大宮競輪場オフィシャルサイト

3/8 田淵浩一の前検日検車レポート(F2)

3/8 田淵浩一の前検日検車レポート(F2)

明日、3月9日から大宮競輪では、
第13回 ブリヂストンサイクル杯争奪戦(F2)が行われます。

今節も田淵浩一さんが前検日インタビューに行ってきました。

阿久津.JPG

12R 3番 阿久津 修選手(栃木・88期)

4年振りにA級戦を走る阿久津選手。
4場所走った感想を尋ねると、「最初はレースの流れの違いに戸惑ったが、
今は慣れてきて、レースの流れが見えて余裕がある」と言う。

大宮バンクは久しぶりの参戦。
過去には、A級戦V歴もあり、相性は良い。

レースでは、S級戦では余裕がなくて、
あまり出来なかった「番手の仕事」をもう一度、
しっかりやる事を意識している。

練習は、街道モガキ中心で、レース直前はバンクで仕上げるパターン。
あとは、体幹トレーニングをおこない、
来期のS級戦に向けて、全体的な底上げを図る。

阿久津選手の番手戦に注目。


-----------------------------------------------------------------------------------
金澤.JPG

12R 5番 金澤 竜二選手(福島・91期)

自力勝負で活躍中の金澤選手。
今期もV2と元気いっぱい。
しかし、本人は「優勝出来ているが、感触はあまり良くない」と言う。
長らくS級上位で戦ってきた金澤選手の理想が、高いレベルにある事だと思う。

大宮バンクは、前回12月に参戦したときは、
目標共倒れで優出失敗も自力捲りで2勝しており、
本人も「好きなバンク」と言う。

レースでは、先行基本の自力勝負で、
A級戦では、「負けない」気持ちで戦っている。

練習は、街道モガキ中心で、来期S級戦に向けて、
「脚力も気持ちも上げていく」とのこと。

金澤選手の自力勝負に期待。


-----------------------------------------------------------------------------------
藤原.JPG

10R 8番 藤原 俊太郎選手(岡山・111期)

今年2月に特別昇班を果たした注目ルーキー藤原選手。

前回地元玉野で、1.2班初戦優出するも、
決勝戦は仕掛けられず惨敗し、「悔いが残るレース」と反省する。
前回は、初戦で地元という事で、力んだ部分があったが、
落ち着いて仕掛ければ、「戦える手ごたえを感じた」とのこと。

500バンクは初参戦。
大宮のイメージも「直線が長いイメージ」と言うが、
今は、「先行して力出し切って力をつける」ことを意識しており、
主導権は渡さない。

練習は、バンクモガキとバイク誘導で、
先行して後半踏み上がる末脚強化を図る。

藤原選手の先行逃げ切りに期待。


-----------------------------------------------------------------------------------
伊藤.JPG

5R 5番 伊藤 稔真選手(三重・111期)

徹底先行で売り出し中の伊藤選手。

大宮バンクは初参戦。
500バンクは高知で2戦しているが、レーススタイルは変わらない。

レースでは、押さえ先行基本に、積極的に主導権を取ることだが、
結果も考えて、「勝てる先行」を心掛けている。

昨年のグランプリチャンピオン浅井康太(三重90期)の一番弟子で、
兄の伊藤裕貴(三重100期)もおり、抜群の練習環境で、
「学ぶ面は多い」と語り、将来が楽しみな逸材。

練習は、街道乗り込みとモガキ、バンクモガキ
とあらゆるトレーニングに取り組み、ダッシュ力強化を図る。

伊藤選手の逃げ切りVに期待。


-----------------------------------------------------------------------------------
染谷.JPG

4R 2番 染谷 幸喜選手(千葉・111期)

陸上の10種競技でインカレ優勝、
日本選手権3位の実績で輪界入りした染谷選手。

大宮バンクは初参戦も、「500バンクは好き」と言う。

脚質は、スプリンタータイプで、先行基本もカマシ・捲りが得意。

レースでは、「力を出し切ること」を心掛けている。

練習は、バンクモガキと街道モガキとウエイトトレーニングで、
まだ自転車歴が浅いので、自転車の乗り方、ペダリングを勉強中とのこと。

染谷選手の自力勝負に注目。


-----------------------------------------------------------------------------------
高木.JPG

7R 4番 高木 真備選手(東京・106期)

近況12連勝中、11レース逃げ切り勝ちと
圧倒的な成績を残す高木選手。

500バンクは久しぶりの参戦で、「難しい」と言う。

昨年は、ガールズグランプリに出場するも4着に敗れ、
「捲り切れなかった自分の力が足りない。
また、先行に拘って力をつけていく」と前向きな姿勢。

レースでは、「早めに動いて、レースを動かす」事を意識している。

練習は、バンクモガキとウエイトトレーニングで、
トップスピードを上げる事がテーマ。

高木選手の15連勝完全Vに期待。


-----------------------------------------------------------------------------------
細田.JPG

6R 1番 細田 愛未選手(埼玉・108期)

近況、成績安定している地元細田選手。

昨年は6R制のガールズ戦で優勝、
今年初戦の静岡では、高木真備を差し切り優勝し、
今年すでにV2とガールズグランプリ出場を狙える実力をつけてきた。

本人は、グランプリ目指すには、
「自力で戦えないと厳しい」と言う。

戦法は、先行含みの自力自在戦。
レースでは、予選は「力を出し切るレース」をして、
決勝戦は位置を取って「勝つレース」を心掛け、
1着を多く取る事を目指している。
目指すは地元優勝。

練習は、バイク誘導とバンクモガキで、立ち遅れないで、
あらゆるレースに対応できるようにレベルアップを図る。

細田選手の自力自在戦に注目。


-----------------------------------------------------------------------------------
小林.JPG

6R 5番 小林 莉子選手(東京・102期)

今節、追加参戦の初代ガールズ女王小林選手。

500バンクは、相性悪くなく、大宮のイメージは「広い」と言う。
近況は、落車が続き、完調手前の様子で、
「早く本調子に戻したい」とのこと。

レースでは、自力自在戦に位置取りの上手さは、ガールズ屈指の存在。
差し脚も上位で、大宮バンクは合うはず。

練習は、バンクモガキと街道モガキにウエイトトレーニングで、
ダッシュ力強化とパワーアップを図る。

小林選手の差し脚に注目。




リポーター:田淵浩一