大宮競輪場オフィシャルサイト

4/9 田淵浩一の前検日検車レポート(F1)

4/9 田淵浩一の前検日検車レポート(F1)

明日、4月10日から大宮競輪では、
第63回 報知金杯争奪戦(F1)が行われます。

今節も田淵浩一さんが前検日インタビューに行ってきました。


kigure.JPG

11R 3番 木暮 安由選手(群馬・92期)

今節、競走得点トップで前回松阪で優勝と、
優勝候補筆頭の木暮選手。

大宮バンクはV歴もあり、相性も良く、
500バンクも「好き」と言う。

近況は、ダービーに向けて力をつける為、
積極的なレースも多い。

戦法は、自力自在戦。
レースでは「内に包まれない、出し惜しみしない」
ことを心掛けている。

練習は、バンクモガキ中心のスピード練習。

今節は、「好タイムを出して勝つ」ことがテーマ。
木暮選手の自力自在戦に注目。


-----------------------------------------------------------------------------------
watanabe.JPG

11R 7番 渡邉 雄太選手(静岡・105期)

積極的なレースで、活躍中の渡邉選手。
2016年ヤンググランプリの覇者で、注目の若手選手。

大宮バンクとの相性も良く、
500バンクも「苦にならない」と言う。

戦法は、先行基本の自力勝負で、バック数も多い。
レースでは、「力を出し切る」ことを心掛けている。

練習は、街道モガキで、
スタンディング600mを5-6本おこなう練習がメイン。
課題は「トップスピードを上げる事」

渡邉選手の自力勝負に期待。


-----------------------------------------------------------------------------------
wadaken.JPG

11R 9番 和田 健太郎選手(千葉・87期)

追い込み中心ながら、近況好成績を残す和田選手。
前々回立川の初日特選ではカマシ先行、
決勝戦では番手捲りと機動力があるところも見せた。

大宮は、久しぶりの参戦。
500バンクは、地元千葉でいつも練習しているので、歓迎ムード。

レースでは、「初めて連係する選手との呼吸をうまく合わせたい」と、
全てのレースで、追い込み選手としての役割を果たす事を心掛けている。

練習は、バンクモガキとウエイトトレーニング・
パワーマックスで、更なるパワーアップを図る。

昨年の全日本選抜では優出を果たし、目標はG1優出。

和田選手の直線強襲に注目。


-----------------------------------------------------------------------------------
wadayoshi.JPG

6R 1番 和田 禎嗣選手(埼玉・99期)

前回平塚で優勝、近況好成績の地元和田選手。

近況好調の要因を尋ねると
「セッティングを変えてから、調子が上がってきた」と言う。

戦法は、先行基本の自力勝負。
レースでは、周回中から無駄脚を使わないで、
「行ける処から仕掛ける」ことを心掛けている。

練習は、街道モガキ中心に身体の使い方を意識している。

和田選手の地元Vに期待。


-----------------------------------------------------------------------------------
shisa.JPG

6R 5番 志佐 明選手(神奈川・107期)

今節、競走得点トップで、
今年すでにV4と戦歴上位の志佐選手。

大宮は、チャレンジ戦以来の参戦。
近況、333バンク3連戦からの今節も
「333バンクよりは500バンクの方が好き」と言う。

戦法は、先行基本の自力勝負だが、
最近は、警戒されるので、臨機応変な対応する。

レースでは、位置取りにも拘り、
「ラインで決める自力勝負」を心掛けている。

練習は、バンクモガキ中心だが、今回は支部合宿に参加して、
しっかり乗り込んできたとのこと。

来期S級戦に向けて、全体的な底上げを図る。

志佐選手の自力勝負に注目。


リポーター:田淵浩一