大宮競輪場オフィシャルサイト

田淵浩一の展望記事5月28日~30日開催分

田淵浩一の展望記事5月28日~30日開催分

田淵 浩一展望記事 5.19
第30回デイリースポーツ賞争奪戦 F1
S級展望


[池田勇人選手]
今節の大宮は、競走得点や近況成績で、傑出した選手がおらず、激戦模様。
シリーズリーダーには、地元の池田勇人(埼玉90期)を推したい。
競走得点トップで大宮も今年の記念は、優出成らずもシリーズ2勝しており、
昨年10月のF1戦でも、外国人選手相手に善戦した。地元優勝に期待したい。






[高橋陽介選手]
自力型では、スピードある捲りで実績ある高橋陽介(青森89期)や成績ムラがあるが、
積極性ある高橋和也(愛知91期)が争覇級。








[高久保雄介選手]
他には、積極性一番の高久保雄介(京都100期)も勝ち上がりに期待する。
追い込み勢は、2班ながら競走得点108点持っている芦澤辰弘(茨城95期)が成績安定している。
4月静岡での落車欠場が気になるが、出走してくれば注目の一車。
同じく茨城でスピードある杉本正隆(茨城96期)地元勢と連係する実力者、岡田征陽(東京85期)と関東勢が充実している。





[齋藤登志信選手]
特別競輪で実績ある齋藤登志信(宮城80期)や
高木隆弘(神奈川64期)、力をつけてきた柳詰正宏(福岡97期)も有力で、
目標次第で浮上するが、南関東勢は強力な自力型がいないので、厳しいか?

A級展望

[古川尚耶選手]
A級戦は、栃木勢が強力布陣。中心は古川尚耶(栃木92期)。
直近4場所中V3で、前回西武園ミッドナイトでも番手捲りで優勝を飾った。

自在性ある岡田泰地(栃木100期)も2月当所で優勝しており、古川と連係して優勝を目指す。







[隅田洋介選手]
2班ながら、圧倒的な先行力を武器に、直近4場所中2度の完全Vを飾った隅田洋介(栃木107期)が注目株。
直線長い大宮バンクでも強靭な粘りを発揮する。

この3人が勝ち上がり連係すると別ラインは厳しくなる。




[渡部幸訓選手]
対抗格は渡部幸訓(福島89期)。
競走得点トップで、スピードある捲りを武器に今年2Vを飾るも、3月取手で落車欠場中。出走してきても様子を見たい。
先行力ある金野俊秋(岩手92期)も落車欠場明けで、北日本の追い込み陣、大泉英則(宮城89期)泉慶輔(宮城99期)は目標に不安がある。





[柏木伸介選手]
南関東勢は、自力ある柏木伸介(静岡84期)、旭啓介(神奈川86期)に、
近況いい亀谷隆一(神奈川92期)あたりが中心も、機動力では、他地区に比べると厳しいか?

[新井剛央選手]
あと一人、地元の新井剛央(埼玉86期)が特注。
1月当所で優勝を飾り、地元バンクはめっぽう強いので、栃木勢と連係もしくは埼京ラインの先行選手目標に連続優勝を目指す。

S級戦は激戦模様。A級戦は、栃木勢中心に関東勢優勢とみる。