大宮競輪場オフィシャルサイト

田淵浩一の展望記事 7月19日~21日開催分

田淵浩一の展望記事 7月19日~21日開催分

田淵 浩一展望記事 7.16
第90回スポーツニッポン新聞社杯争奪戦・グランドチャンピオン500in大宮 F1

S級1・2班戦展望


S級戦は、外国人選手の一騎討ちムード!

リオ五輪ケイリン銀メダリストのブフリ選手(オランダ)、
リオ五輪スプリント銅メダリストのドミトリエフ選手(ロシア)、
両メダリストが世界の走りを見せて圧倒するか?

【ブフリ選手】

 シリーズリーダーのブフリ選手は、昨年10月の大宮で、
 上がりタイム13秒3というバンクレコードに迫る好タイムで捲り、
 圧勝の完全Vを飾っており、大宮バンクの不安もない。

 今年も10戦9勝2着1回の2連対率100%と死角はない。








【ドミトリエフ選手】

 ドミトリエフ選手も今年16戦9勝2着5回3着1回着外1の3連対率93%と
 こちらも優秀な成績を残している。

 前回富山決勝戦で初めて着外になったが、500バンクなら問題なしとみる。
 ブフリ選手マークなら逆転可能。

 外国人2人が連携すると日本勢は厳しい戦いになる。




【竹内雄作選手】

 対する日本選手では、竹内雄作選手(岐阜・99期)が中心になる。
 持ち味の先行力を駆使して、外国人選手に挑む。









【他の有力選手】

 他の自力型では、実績ある佐藤友和選手(岩手・88期)、
 地元の金子哲大選手(埼玉・95期)、スピードある雨谷一樹選手(栃木・96期)あたりが、起動力を発揮する。

 追い込み勢は、たて脚兼備で直近3場所で前回高松準V、富山記念・広島F1と連続優勝と好調の
 牛山貴広選手(茨城92期)が先行選手を上手くリードして、外国人選手を牽制すれば面白い。



A級1・2班戦展望


  A級戦は大混戦とみる。


【須藤誠選手】
 競走得点、実績ではS級下がりの須藤誠選手(千葉・92期)と
 川木敬大選手(兵庫・84期)。

 但し、両者ともに追い込み型で、
 大宮の長い直線上手く抜け出てくるイメージもあるが、
 やはり目標次第の不安も否めない。

 特に川木選手は実績一番だが、昨年後期から、
 落車や失格も多く中心には推しづらい。

 現状では本命不在で、勝ち上がり次第では、
 誰が勝っても不思議ではない。



【小林申太選手】
 自力型では、小林申太選手(茨城・101期)、
 齋藤正国選手(栃木・87期)の栃茨勢が近況好調。

 渡邊豪大選手(静岡・107期)も近況優出なかったが、
 前回静岡で久しぶりに1.1で優出し上昇ムード。

 西日本勢では、S級下がりの小玉拓真選手(岡山・98期)が
 S級では苦戦していたが、前期の後半では3勝を挙げており上向きか?

 市橋司優人選手(福岡・103期)は前回京王閣での動きは良かったが、
 決勝戦での落車が気になる。


【他の有力選手】

 追い込み勢で、須藤選手、川木選手の他では、
 地元の台選手(埼玉・83期)とベテラン高田健一選手(徳島・61期)が高いレベルで成績安定している。

 あと予選からは、宇佐見裕輝選手(福島・94期)が絶好調。
 前回弥彦ではA級最強レベルの井上公利選手(宮城・93期)を捲り優勝。
 以前より積極的な仕掛けで成績安定してきた。

 佐々木龍選手(神奈川・109期)が追加参戦。
 こちらも積極的な自力型で争覇級の一人。

 もう一人チャレンジ上がりの田頭寛之選手(京都・109期)に注目。
 チャレンジ戦では、先行基本に抜群の成績をおさめた。
 1.2班初戦は優出成らずも内容は悪くなかった。
 どれだけ戦えるか楽しみだ。