ミッドナイト競輪は21時から23時すぎの時間帯に無観客で開催される競輪です。
インターネットの投票でのみ楽しむことができます。

お知らせ

田淵浩一の前検日検車レポート 9月20日

明日、9月21日から西武園競輪では、
第8回e‐SHINBUN賞争奪戦(F2)が行われます。

今節も田淵浩一さんが前検日インタビューに行ってきました。


-----------------------------------------------------------------------------------

池部壮太.JPGのサムネイル画像
初日 7R 4番 池部 壮太(大分109期)
近況、先行基本に好成績を残している池部選手。

西武園は初参戦。イメージを尋ねると
「先行有利なイメージ」と言う。
池部選手の脚質にはぴったり合う。

もとは、ロードプロとして活躍していたが、
競輪へと転向した。

脚質は地脚タイプだが、
ダッシュも「自信がある」と言う。
レースでは、押さえ先行基本に、
ダッシュを生かして突っ張るレースが理想。

長い距離を踏むレースも歓迎で、主導権は渡さない。

練習は、街道練習・バンクともモガキ中心に
スピードの緩急をつけることを意識しているとのこと。

池部選手の逃げ切り優勝に期待。

-----------------------------------------------------------------------------------

岩井良平.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
初日 5R 3番 岩井 良平(大阪99期)
スピードある自力勝負で好調な岩井選手。

西武園は2度目の参戦だが、
前回は決勝戦進出し、
「走りやすい」イメージとのこと。

脚質はスプリンタータイプで、
ダッシュを生かしたカマシ・捲りが主戦法。

レースでは、
「力を出し切れるようなレースをすること」を心掛けている。

近況、好調の要因を尋ねると
「新しいフレームに交換してから、感じが良い」と言い、
「自信を持って走れる」と成績も上昇中。

練習は、バンクモガキ中心に得意のスピード強化している。

岩井選手のスピードある自力勝負に注目。
-----------------------------------------------------------------------------------

中川諒子.JPGのサムネイル画像
初日 2R 3番 中川 諒子(熊本102期)
スピードある自力勝負で活躍中の中川選手。

西武園バンクも何回も走っていると思われたが、
なんと2回目で、特にイメージもないと言う。

脚質はスプリンター。

レースでは、スピードを生かした走りで
「最近、積極性に欠けていたので、積極的に仕掛けたい」と語る。

今年1月から、新潟から故郷熊本に移籍し、
気分一新して戦っている。

練習環境が変わった事で、
「大きな変化はない」と言い、
練習内容も街道・バンクともモガキ中心に、
ダッシュ後の腰をおろしてからの、
スピードの持続性を意識している。

中川選手の積極的な自力勝負に注目。

-----------------------------------------------------------------------------------

細田愛未.JPGのサムネイル画像
初日 2R 7番  細田 愛未(埼玉108期)
近況、好成績を収めている地元細田選手。

前回平塚では、
外国人選手ハンセン(ニュージーランド)を差し切り、
「外国人選手を本気にさせてしまった」と言うが、
好調に間違いない。

西武園バンクは、
前回2月に準Vと相性は良く、
最近は西武園に練習にも来るようになり、
バンクの走り方は熟知している。

レースでは、好成績を残すも追い込むレースが多いのが、
不満の様子で「最近、自力が少ないので、積極的に動きたい」
と自力勝負をアピールする。

練習は、街道でのバイク誘導とバンクモガキで、
ダッシュ力強化とトップスピード維持を意識している。

細田選手の地元初Vに期待。

-----------------------------------------------------------------------------------

奥井迪.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
初日 1R 1番 奥井 迪(東京106期)
圧倒的な先行力で存在感を示す奥井選手。

西武園バンクは準ホームバンクで、
過去2戦完全Vと目下6連勝中と相性抜群。

8月平でのガールズドリームでは、
まさかのイン粘りで奥井選手らしくない戦いで敗れた。

「少し迷いがあったが、前々回広島で目が覚めました」
と先行に迷いがなくなって、
奥井選手らしい走りが蘇った。

レースでは、
「調子も良いので、先行して押し切る」
と頼もしい言葉。

練習は、バンクモガキとバイク誘導中心に、
トップスピードを上げることと
ラスト半周踏み上げていくことを意識しているとのこと。

奥井選手の先行逃げ切り、西武園9連勝に期待。