ミッドナイト競輪は21時から23時すぎの時間帯に無観客で開催される競輪です。
インターネットの投票でのみ楽しむことができます。

お知らせ

田淵浩一の展望記事11月6日~8日開催分

田淵 浩一展望記事 11.2
第9回e-SHINBUN賞争奪戦 F2
A級1・2班展望


今節の西武園ミッドナイトは、
各地区に自力型・追い込み型揃い、仕掛けのポイントで勝敗が分かれそう。

【柿沼信也選手】

 中心は、地元の柿沼信也(埼玉91期)。
 自力勝負で今年V3、前々回平も捲って優勝を飾り、近況も好成績を残している。





【丸山直樹選手】
 地元戦のここは、復調してきた丸山直樹(埼玉93期)、
 準ホームバンクの山崎充央(東京79期)との埼京ライン、
 更に、欠場明けの京王閣を準優勝して
 参戦の前期S級岩崎大和(茨城94期)と連係して、地元V奪取に期待する。




【萱島大介選手】  対するは、萱島大介(大分99期)。
 スピードある自在タイプで、近況も9月福井で優勝を飾り1着は多い。
 好位取っての捲り・捌きでV候補。




【井上公利選手】
 北日本勢は、井上公利(宮城93期)の機動力に期待だが、
 近況成績は、以前の勢いがなくなった。
 しかし破壊力あるカマシ・捲りは魅力があるので、
 同県関戸努(宮城82期)とのワンツーは十分。



【石井毅選手】
 南関東勢は、石井毅(神奈川74期)が戦歴上位。
 前回平の最終日は、目標不発も自ら捲り上げ、縦脚健在。






【塩田大輔選手】
 最後に2班ながら、近況1着多い塩田大輔に注目。
 9月当所では連勝で勝ち上がり、
 決勝戦も同県飯田憲司(静岡96期)の優勝に貢献した。
 石井毅の援護を受けて、今開催の台風の目となるか?






展開次第では、どの地区にもチャンスがありそうだが、総合力で関東勢有利とみる。