ミッドナイト競輪は21時から23時すぎの時間帯に無観客で開催される競輪です。
インターネットの投票でのみ楽しむことができます。

お知らせ

田淵浩一の展望記事2月10日~12日開催分


田淵 浩一展望記事 2.6
第1回東京スポーツ杯争奪戦 F2

チャレンジ戦は、111期生中心も激戦。
ガールズ戦は、グランプリ女王石井寛子の
 スピード上位とみる。


A級チャレンジ


 今節、西武園チャレンジ戦は、
 111期生4名参戦も傑出者なく激戦模様。

syouji.JPG
 111期生の中でも、
 小林裕一朗(千葉111期)が追加参戦。

 父と叔父が競輪選手と輪界のサラブレッド。
 優勝歴も3回、直近3場所中7勝と戦歴上位。

 好機に仕掛けてV奪取に期待する。
syouji.JPG

 田尾駿介(高知111期)は、
 予選敗退もあり、安定感欠けるが、
 直近成績は1着も多く、

 在校成績も今節参戦の111期生の中では最上位。
 逆転候補NO1。
syouji.JPG
 地元の戸塚涼介(埼玉111期)は、
 前回伊東で初優出と、
 近況では力を発揮できるようになってきた。

 積極的なレース内容も良く、地元で優出期待。

syouji.JPG

 中野真吾(佐賀111期)は優出1回だけ、
 バック数も少ないので、厳しい戦いになりそう。

【111期生以外では】
 降班組の自力型、高橋明久(宮城98期)、平川雅晃(長野107期)がおり、

 高橋明久には、
 小山淳(福島103期)、塚本諭(福島85期)の北日本ライン、

 平川雅晃は、
 自力ある鈴木浩(新潟82期)との甲信越ラインが脅威。

 追い込み勢では、
 ベテラン鈴木栄司(千葉50期)、吉澤賢(千葉94期)が堅実で、
 自力自在型で近況成績も良い山田慎一郎(神奈川89期)との
 南関東連係で上位進出を図る。

 競走得点トップの和田昼善(高知53期)は、負傷欠場中。
 出走してくれば、同県田尾駿介次第で浮上する。


ガールズケイリン

syouji.JPG  ガールズ戦は、昨年のガールズグランプリ女王
 石井寛子(東京104期)が抜けた存在。


 ガールズグランプリは、自らレースを動かし、
 奥井迪(東京106期)を差し切った内容は素晴らしいの一言。

 直近成績も好位取っての捲り・差しはスピード抜群で優勝候補筆頭。
syouji.JPG
 対するは、長澤彩(愛知106期)。

 ガールズグランプリでは、石井寛子に捌かれ敗れたが、
 前回広島では、積極的なレース内容で優勝と
 高いレベルで成績安定している。

 石井寛子より前でレース出来れば、逆転可能。
syouji.JPG
 徹底先行タイプの吉村早耶香(静岡112期)は、
 負傷欠場明けの前回岐阜では、石井寛子に敗れたが、
 一走して状態は上向くはず。

 先行有利な西武園バンクで、
 10月当所では高木真備(東京106期)に先着の準Vと
 バンク相性は合うので、面白い存在。


 あとは、自力ありレース経験豊富な
 中村由香里(東京102期)と篠崎新純(千葉102期)までが圏内。