西武園競輪場オフィシャルサイト

田淵浩一の展望記事11月27日~29日開催分

田淵浩一の展望記事11月27日~29日開催分

 S級戦は、高橋陽介に期待も乱戦模様。
 A級戦は、齋藤正国筆頭に栃木ライン中心とみる。

田淵 浩一展望記事 11.23
第56回報知金杯争奪戦 F1
S級展望



【高橋陽介選手】

 今節のS級戦は、競輪祭直後の開催で、
 傑出した選手不在で乱戦模様。

 中心は、高橋陽介(青森89期)。
 しばらく優勝こそないが、6月高松宮記念杯では、
 逃げ切り1勝あげ、8月小田原記念では優出と、
 グレードレースでも通用する自力勝負は、ここでは戦歴上位。

 特に捲りのスピードは、G1級でV候補筆頭。





【明田春喜選手】
 マークは、同期の明田春喜(北海道89期)だが、
 東龍之介(神奈川96期)あたりも
 南関東勢の勝ち上がり次第では、主張する可能性がある。







【金子哲大選手】
 関東勢は、地元の金子哲大(埼玉95期)に期待。
 積極的なレーススタイルで、
 磯田旭(栃木96期)、杉本正隆(茨城96期)の援護もありそうで、
 仕掛け次第では、関東勢で連独占もありえる。






【前田拓也選手】
 実力者、前田拓也(大阪71期)も堅実で、
 森川大輔(岐阜92期)、中西大(和歌山107期)の
 中部近畿の自力型がおり、
 展開次第ではチャンスある。






【山形一気選手】
 2班ながら、山形一気(徳島96期)、
 高原仁志(徳島85期)の徳島コンビも元気だ。
 高原は8月久留米、山形は前回岸和田で優勝と勢いがあり、
先行争いあれば一発可能。







 あとは、中西大(和歌山107期)に注目している。
 今期S級昇級してきて、徹底先行で売り出し中。
 G1組不在の今節は台風の目になりそうな気配。



A級展望

【齋藤正国選手】

 A級戦は、齋藤正国(栃木87期)が追加参戦、主役を務める。
 自力自在に今期V2、競走得点トップで安定感抜群。

 後位もベテランマーカーの伊藤一貴(栃木72期)、
 黒崎直行(栃木57期)がおり栃木ライン強力。
 関東で地元の伊藤亮(埼玉92期)も2期連続S級点獲得に向け、
 地元戦のここは得点アップさせたいところ。
 そろった関東ライン有力。






【佐藤雅春選手】

 対するは、佐藤雅春。
 前々回大垣ミッドナイトで優勝を飾り、戦歴も安定しており、
 機動力上位。中村弘之輔(北海道109期)が勝ち上がってくれば、
 さらにチャンスが広がる。
 マーク棟方次郎(青森73期)との北日本ラインも差がない。






【加藤健一選手】

  南関東勢は、加藤健一(神奈川107期)の機動力に期待だが、
 9月前橋での落車欠場後、以前の勢いはない。
 前々回平塚で捲って優勝したが、元来は徹底先行タイプ。
 復調してきているが、まだ本調子ではないのでは?

 同県の渡邊秀明(神奈川68期)、中井達郎(静岡74期)の
 追い込み勢は加藤健一や
 ベテラン坂木田雄介(千葉78期)次第で、争覇圏内。



【中村弘之輔選手】

 最後に中村弘之輔(北海道109期)。
 5月静岡で特別昇班後も着実に力をつけてきて、
 S級昇級も狙えるところまで来ている。
 スピードある自力勝負に3日間注目したい。